トリプロJ-POPランキング

トリプロデューサーの独自の好みと偏見のみで綴る、音楽ランキングブログ。

【昭和のマイナー曲紹介】内山田洋とクール・ファイブ「魅惑・シェイプアップ」

f:id:torimuso:20180813151721p:plain

時代を逆行するヘアセットの踊るミエさん

【昨日のヘアセット】

昨日は急な撮影だったので(前回のスタ取りを私がやらかしたから)
いつもやってもらっているヘアの小貫さんではなく別の所へ…!

基本的に昭和ヘアセットはガッチリカッチリなので、今流行りのゆるふわアレンジが専門のメニューでは出来なくて。
そうなるとサロンは成人式、着物用のアップヘアとか、ホステスさんのヘアを担当している方とか、そういうところに行くのが大体なのですが…

自分で結構な頻度この髪型でいることわかることがあります。昔の人はそりゃー毎日髪洗わないよね!当たり前だわ!という気持ち。
サザエさんだってカーラーあんなにあててガチガチに固めてるのに、3日は髪洗えないよ〜

毎日昔の人は成人式みたいな感じだったんだろうな…メイクも濃いし、60年代後半なんてダブルラインだからね…
そんな時代逆光しながら生活する踊るミエでした。

valu.is

なるほど、昔の人は髪を洗わなかったんじゃなくて、洗えなかったのか〜

 

the GazettEというバンドが大好きで、そこからX JAPANにハマって、KISS聴くようになった踊るミエさん

踊るミエとトリプロの平成対談 カテゴリーの記事一覧

対談の全貌は、キャプロア出版(第14、15合併号)に収録されてるよ!

 

演歌?ムード歌謡? 内山田洋とクール・ファイブの「魅惑・シェイプアップ」をレビュー

【メジャーじゃない昭和歌謡を届ける】

今日は内山田洋とクールファイブの「魅惑・シェイプアップ」/1980年
内山田洋とクールファイブといえば「長崎は今日も雨だった」や「逢わずに愛して」、
前も同じくこのコーナーで紹介した「港の別れ唄」などなど
今の人から考えると「演歌!」というジャンルわけになるのではないでしょうか。
いわゆる「ムード歌謡」なんですが、ムード歌謡ってコーラスがワワワワ〜という感じで、ヴォーカルは鼻にかけたように歌う、何となく夜の雰囲気があって、、、そんなのがムード歌謡のイメージですが
そもそもムード歌謡とは、ハワイアンと歌謡曲が混ざり合ってできたものです(1950年代ごろから)と、ここから和田弘とマヒナスターズの話をし出すと脱線しまくるのでやめておいて
この曲について!

 

そんなわけで内山田洋とクールファイブといえば圧倒的にムード歌謡の流れの中で存在感のあるグループなんですが、
この曲はどことなく今までのクールファイブの楽曲と違うような感じもあります。
テレビ出演時の映像を見ると皆んな楽器を持っているし、(元はバンドだったんですが)
とても貴重な曲🤔
そしてオシャレ。夏に聴きたくなる、やっぱり時代もあって音が1980年っぽいですね。
そしてジャケットも全員がまるでスポーツするかのようなスタイルで写っているんですよね。
面白すぎるので是非検索してみてください。
調べるとこれは資生堂のタイアップあって作られたらしいです、通りでレコードのジャケットが女の人を使ってるバージョンがあるなどするわけだ…!

valu.is

むしろ、タイトルが気になったんだがw 魅惑をシェイプアップさせちゃうの?

「内山田洋とクール・ファイブ 魅惑・シェイプアップ」で検索

ホントだ、ジャケットがスポーツするかのようなスタイルだ!

f:id:torimuso:20180531142257p:plain

踊るミエの情報と、昭和のマイナー曲紹介

note.mu

スポンサーリンク 
もしもカエレバ やるなら