トリプロJ-POPランキング

トリプロデューサーの独自の好みと偏見のみで綴る、音楽ランキングブログ。

【昭和のマイナー曲紹介】山口百恵「曼珠沙華」

f:id:torimuso:20180610001548p:plain

山口百恵で過去のツイートを検索したら、レコードを持ってた踊るミエさん

やっぱり普通に、レコードを持ってるんだな・・・。

 

踊るミエさんが、山口百恵の楽曲で選んだのは「曼珠沙華」

【メジャーじゃない昭和歌謡を届ける】

第9弾!は山口百恵さんの「曼珠沙華」✨

 

この曲もマイナー過ぎるというわけではありませんが、個人的に好きなので。
作詞:阿木燿子、作曲:宇崎竜童…
さすがこのコンビ!
イントロからインパクト大☺️

私はこのイントロのギターの哀しいリフがとても好きです。
山口百恵ちゃんらしい、というか
少し影のある女性、かつ熱のある女性
そんな1人をうまく現していますよね👀

1978年リリースなので、当時彼女はまだ19歳!!
「マンジュ-シャカ 恋する女は
マンジュ-シャカ 罪作り
白い花さえ 真紅に染める」
19歳でこんな曲歌わせるのか!!
歌詞も素敵で色々考えさせられるので、ぜひ聴いてみてくださいね。

valu.is

もちろん、山口百恵は知ってるけれども。この曲は、初めて知ったな〜。

 

って、マンジュシャカ?マンジュシャゲじゃなくて?ってか、曼珠沙華って何?

ヒガンバナ(彼岸花、学名 : Lycoris radiata[1])は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草である。クロンキスト体系ではユリ科。リコリス、曼珠沙華(マンジュシャゲ、またはマンジュシャカ サンスクリット語 manjusaka の音写)とも呼ばれる。

ヒガンバナ - Wikipedia

どうやら読み方は、マンジュシャゲでもマンジュシャカでも、どちらも正しいようだ。

「山口百恵 曼珠沙華」で検索

f:id:torimuso:20180531142257p:plain

踊るミエの情報と、昭和のマイナー曲紹介

note.mu

スポンサーリンク 
もしもカエレバ やるなら