トリプロJ-POPランキング

トリプロデューサーの独自の好みと偏見のみで綴る、音楽ランキングブログ。

【昭和のマイナー曲紹介】ベルサイユのばらのエンディング曲「愛の光と影」(鈴木宏子)

f:id:torimuso:20180619034002p:plain

レースは神!気分は「恋の奴隷」/奥村チヨ

レース神が降臨してる。

「恋の奴隷 奥村チヨ」で検索

 

いままでハンムラビ的なやり方で生きてきた、踊るミエさん

時代遅れの時間軸が違いすぎる・・・。

 

昭和とハンムラビが交差する踊るミエさん、今回はベルサイユのばらのエンディング曲『愛の光と影』について語ってくれました。

【メジャーじゃない昭和歌謡を届ける】

第14弾!今日はベルサイユのばらのエンディング曲『愛の光と影』

ベルサイユのばらといえば
「オスカール!!!」by アンドレ
ですよね。そしてフランス革命時に巻き起こるめくるめく愛のドラマ…!!
あれがマーガレットで連載されていた時代があったなんて、とてもとても素敵。
フランス革命ですよ!小学生くらいが漫画で勉強するには、興味を持つにはちょうど良すぎると思うのです。
ベルサイユのばらのアニメ、オープニングの曲はわりと有名ですね。「草むらに〜」から始まるあの曲、ではなく今回はエンディングです。

これを歌っている鈴木宏子さんですが
有名なのはやはりベルばらのこの二曲でしたね😥
さて、この曲もやはりかなしい恋愛の曲ですが(私悲しい曲ばかり好き)
「愛が苦しみなら いくらでも苦しもう」
まず一番の歌詞の入りがこれ!
小学生くらいの女子が理解出来たのだろうか…?笑 深すぎる…。
なんといっても曲のメロディーがいいです。
エンディングとしての回想っぽさ、哀愁がしっかり漂っている。イントロのギターアルペジオも、哀しくて素敵。

ぜひ聞いてみてください。その際にはベルサイユのばら、を是非読みながら☺️

valu.is

ベルばら、たまに熱狂的なファンがいるよね。あっ、そういえば・・・

 

これが、ベルばらの絵に似てるような

f:id:torimuso:20180408033612j:plain

「ベルサイユのばら 愛の光と影」で検索

f:id:torimuso:20180531142257p:plain

踊るミエの情報と、昭和のマイナー曲紹介

note.mu

 

スポンサーリンク 
もしもカエレバ やるなら