トリプロJ-POPランキング

トリプロデューサーの独自の好みと偏見のみで綴る、音楽ランキングブログ。

【暫定版】1989年のトリプロシングルCDランキング(6位〜10位)

第6位 BE MY BABY / COMPLEX

f:id:torimuso:20180307155458j:plain

この曲を聴くと、今でもカッコイイな〜と思うよな。ごめん、赤ちゃんプレイ関係なかったわ。

 

Google翻訳で「BE MY BABY」と入力してみたら、「お願いだから」と出てきた。

えっ?そういう意味だったの?約29年越しに知る真実。

じゃあ、「BE MY BABY」って連呼してるところを、「お願いだから」に置き換えて聴いてみると・・・。

・・・

う〜ん、どうあがいても、性交渉的な発想しか思い浮かばないんだが。

 

おっと、書き忘れてましたが、COMPLEXは、吉川晃司と布袋寅泰のユニットですよ〜。

おや、1989年の7位は・・・

 

第7位 瞳がほほえむから / 今井美樹

f:id:torimuso:20180307155813j:plain

今井美樹の、布袋寅泰に手を出されてない感あふれる初期の名曲です。
これは、火曜サスペンス劇場のエンディングだったはず。

と思って、確認のためWikipediaで調べてみたら・・・

 

日本テレビ系『水曜グランドロマン』主題歌であり、初期の代表曲でもある。

瞳がほほえむから - Wikipedia

 

ふぁっ⁉︎
なんだ、水曜グランドロマンって。

日本テレビでは、これまで『火曜サスペンス劇場』と『木曜ゴールデンドラマ』(読売テレビ制作)の2時間ドラマ枠を計2本設けていたが、これまで連続ドラマ枠やバラエティー枠に充てていた水曜日にも、2時間の単発ドラマ枠を設けて3本柱を構えようという事で企画された。

水曜グランドロマン - Wikipedia

そんなのあったっけな〜・・・
全然覚えてない。
「火サス」じゃなくて「水グラ」だったとは。

瞳からウロコが落ちた。
じゃなかった、目からほほえみが落ちた。
でもない、目からウロコドロップス。
あれ?宇多田ヒカル?いや、今井美樹だったはず。
自信がなくなってきた。

 

第8位 シングル・アゲイン / 竹内まりや

f:id:torimuso:20180307161111j:plain

「火曜サスペンス劇場」、略して「火サス」の8代目主題歌。

シングル・アゲイン - Wikipedia

大丈夫、今度こそ間違いなく「火サス」だ。

 

個人的に、「火サス」の主題歌といったら、この曲ってイメージなんですよね。

ところで、1989年当時は、「火サス」って略されてなかったよな?略し始めたのいつ頃だ?

 

そういえば、この頃って、リゲインのCMが有名だったよな。

この曲も、「シングル・リゲイン」って間違って呼んでた人が、多数現れたのではないかと予想。

リゲインといえば、あのキャッチフレーズが有名だよね。

「四六時中、働けますか」

うん、24時間な。なんで、そこで「真夏の果実」をぶっ込んで来た?

 

竹内まりやは、「シングル・アゲイン」なんて曲を歌ってはいるけれども。

山下達郎と、シングル・アゲインになることなく、公私共々ずっと繋がってるよね。

一方、「ハローアゲイン」でお馴染みの、My Little Lover は・・・。

いやいや、こっちもビジネス上は繋がってるから、ビジネス上は・・・。

 

第9位 GET WILD '89 / TM NETWORK

f:id:torimuso:20180307161752j:plain

TM NETWORKの代表曲、「GET WILD」。

1987年に7インチアナログ盤が発売されて、1989年に8cmCDシングル盤が発売されてます。

これだけ年月が経ってしまうと、そのあたりの事情がわけわからなくなって、何年に発売されたのかよくわからなくなりますね。

とりあえず、1987年のランキングを作る気はサラサラ無いので、1989年発売ってことにしてぶっ込んでおきますw

 

さて、Wildを手に入れるための方法、ってのを書いとこうかな。

まずMildを用意します。地球の裏側に持っていきます。はい、Wildになりました。

おいおい、なぜ1989年の楽曲に、Sexy Zoneの歌詞の世界観をぶっ込んできた?

まあ、それぐらいGET WILDの発売年月日が、わけわからなくなるってことで。

 

第10位 夢の中へ / 斉藤由貴

f:id:torimuso:20180307162145j:plain

この歌を知らない方のために、歌詞の内容を簡潔にまとめると・・・、「見つからないなら踊ろうよ」。

以上です。

というか、「異常です。」というべきか。

まあ、作詞作曲が井上陽水ということで、全てが納得できる不思議。

 

井上陽水が1973年に発表したシングルを、斉藤由貴が1989年にカバーしています。

今でこそ、昔の楽曲をアイドルがカバーするってのは、よくある手法だけれども。

この当時にこれをやってのけたって、よくよく考えると、とんでもなく凄いことのような。驚きだよ。

そりゃトリプロさんが子供のときに、母親も「これ、昔に井上陽水が歌ってたのよ。」って、話したくもなるよな。

スポンサーリンク 
もしもカエレバ やるなら