トリプロJ-POPランキング

トリプロデューサーの独自の好みと偏見のみで綴る、音楽ランキングブログ。

【暫定版】1990年のトリプロシングルCDランキング(1位〜5位)

f:id:torimuso:20180223160614j:image

 

1990年(1位〜5位)←今ココ

1990年(6位〜10位)

1990年(11位〜15位ぐらい)

 

 

第1位 今すぐKiss Me / LINDBERG

聴くたびにワクワクさせてくれる曲。
90年代の始まりとしてピッタリの曲だと思う。

リリース当時は自分はまだ子供だったので、この曲を聴くと本当にドキドキしてた。
積極的なキス文化が無い生活圏で生まれ育っているもので、妙に小っ恥ずかしかった。
いま聴くと、なんだキス止まりかと思ってしまうわけだ。
あ〜、汚れた大人になってしまった。

ちなみに、「ドキドキ」を「時々」に変えて。
「時々することやめられない」と歌いたい衝動に駆られる。
なんだ、キス止まりじゃなかったのか。
うむ、汚れた大人の方が良いや。

「今すぐKiss Me」CDやデジタルミュージック

 

第2位 サイレント・イヴ / 辛島美登里

物哀しい女心を歌ったクリスマスソング。
こういうタイプのクリスマスソングって、もう出てこないんじゃね?

恋人同士でカラオケに行って、クリスマスソングを歌おうってなったときに、まず歌われることのない楽曲ですね。

まあ、トリプロさんは歌うんだけど。
Last Christmasの織田裕二版を歌うよりは、マシなんじゃないかなと思ってる。

20世紀少年を見てしまうと、どうしても「ともだち」を別のものと想像しがちだったり。
ともだちってルール怖い。

「サイレント・イヴ」CDやデジタルミュージック

 

第3位 悪の華 / BUCK-TICK

BUCK-TICKの代表作。

デビューから四半世紀以上経った今でも、ずっと同じメンバー。そして、ずっとBUCK-TICKをバクチクと読ませ続けている。継続って大切だね。

 

長らく、「悪の華」と言えばBUCK-TICKで、悪の華利権をずっと握り締めていたんだが。

まさか、これと同タイトルの漫画が世に出てきて、利権を奪われるとは。

厳密に言うと、漫画の方は「惡の華」なんだけどね。

「悪」の心に穴がポッカリ空いて「惡」になっちゃったのかなと。まあ、明らかに違うわけだが。

あっ、バクチクで「惡の華」表記あるやん。

そして、「悪の華」表記の漫画もある。ややこしいな〜。

 

ライブ映像とか見ると、ボーカルがまるで魔界からやってきたような出で立ちだったりするわけだが。 あれ?この方が、DEATH NOTEを落としたんだよね?えっ?リュークじゃないの?

「悪の華」CDやデジタルミュージック 

 

第4位 JEALOUSYを眠らせて / 氷室京介

氷室京介のソロ曲の中で、一番好きです。
あっ、こんなこと言っちゃうと今後のランキングで、氷室が上位に出てこないことがバレバレになってしまうw

ところで、最近ってジェラシーって言葉をあんまり使わなくね?

なんか90年代初頭って、ジェラシー言いたがりみたいなところが無かった?ジェラシーをジュエリーっぽく身に纏ってますみたいな感じで。

1991年の11位の曲も、ジェラシーだし。

 

今だったら、普通に嫉妬とか妬みっていうことの方が多いよな〜。

ちなみに、子供だった当時は、ジェラシーの意味が全く分かっていなかったはずですw

「京介と言えば?」って聞かれたら、「氷室」と「うすた」、どっちの方が有力なんだろうか。ほら、まだ氷室は未だに狂介だと思ってる層が、一定数いるかもしれないし。

「JEALOUSYを眠らせて」CDやデジタルミュージック

 

第5位 WEEK END / X

生ける伝説でお馴染みの X JAPAN。

発売当時は、全然Xに目覚めておらず。
その後も、長らくX JAPANに興味を持てなかったんだが。
hideが亡くなって随分と経ってから、急にXってスゲーってなった。
激しい曲が大好きな時期があって、Xもその一貫としてだったけどね。

で、個人的には再結成した後の、X JAPANの方が好きだったりする。
Toshiの声が、キレイなジャイアンになった後ですなw
ただ、このWEEK ENDに関しては、昔の歌い方の方が好き。
うん、わけがわからんぞ。

ピアノ曲より、圧倒的にドラム曲の方が好きではあるんだが。
最近は、激しい一辺倒より、上手くまとまってる感じのドラム曲が良いと感じる。
このWEEK ENDは、上手くまとまってるドラム曲の一つというイメージ。

ちなみにカラオケで歌うときは、サビの「WEEK END」を、日本語訳で「週末」と歌ってみよう。
急に、花金の夜を楽しむサラリーマンっぽい感じに思えてくるぞ。
他にも、日本語訳で歌いたくなる曲が、トリプロの中でチラホラあったりするんで、今後そういうお題のランキングをやる可能性あり。

 

<追記>

そういうランキングをやりましたw

 

「WEEK END」CDやデジタルミュージック

 

1990年(1位〜5位)←今ココ

1990年(6位〜10位)

1990年(11位〜15位ぐらい)

 

スポンサーリンク 
もしもカエレバ やるなら